診察内容

一般内科診療

風邪、インフルエンザなどの急性疾患から高血圧、糖尿病などの生活習慣病まで内科診療全般にわたり診療いたします。
内臓脂肪からの上記の血圧上昇、血糖上昇などが問題となっておりメタボリックシンドロームとして注目されています。当院の機器では腹囲だけでなく内臓脂肪も計測可能でありきめの細かい診療が可能となっております。

神経内科診療

頭痛、めまい、しびれから歩行障害、けいれん、物忘れ等まで診療いたします。
内科診療の基本は患者さまの話をよく伺うことにあります。特に神経内科では患者さまのお話を伺うことによりほぼ診断に近づくことが可能です。
そのうえで画像検査等を施行しご納得いただける診療をいたします。

訪問診療

脳血管障害や神経変性疾患、悪性疾患などで来院することが困難となることがあります。
当院ではご来院いただけない患者さまにはご自宅に伺い診療をいたします。
お気軽にご相談ください。


診療機器

16マルチスライスCT 一般撮影

1.体の周りのさまざまな方向からX線撮影したデータをコンピュータで処理して、
  輪切りの画像を16枚同時に得る装置です。

2.16断面を一度に撮影し瞬時に画像が得られるため。従来のCTに比べ撮影時間を短縮し、
    患者さんの負担を低減しています。

3.頭部、胸部、腹部など全身を撮影することができます。
 
4.撮影した輪切りの画像から、任意の角度の断面像や3次元表示画像を作ることができます。


内臓脂肪測定

肥満には内臓脂肪と皮下脂肪があります。
内臓脂肪が過剰になると内臓脂肪から放出される物質の分泌も異常になります。その結果血糖や血圧が高めになります。
当院のCTでは内臓脂肪の測定が可能で視覚的に可能です。

Copyright(c) 2017 Yamakawa-clinic. All Rights Reserved.